窪町剣とは

 

昭和49年(1974年)、子どもたちの余暇の善用を願い、窪町小学校の校長先生や諸先生方の発案により「窪町社会教育四団体」剣道・吹奏楽・雅楽(現在は狂言)・ミニバスケが発足したのに端を発します。
以来、学校・地域・行政の皆さまのご理解・ご協力を得て現在まで活動しております。
活動は部員の父母が運営にあたり、温かく熱心な指導者のもと、子どもたちは元気一杯のびのびと剣道の稽古に励んでいます。週2回の稽古の他、定期的な部内試合、進級試合、夏休みには1泊2日の夏期合宿、年間を通して行われる様々な大会への出場など充実した活動を行っております。
剣道の基本をしっかり身につけ、<剣道五訓>の目指す「心も体も強い子」に育ってほしいと願っております。

<剣道五訓>
一、礼儀を正しくします
一、お父さんお母さんを大切にします
一、先生の教えを守ります
一、自分のことは自分でします
一、友達と仲良くします

<対象>
原則小学校1年生以上、中学3年生までの保護者の承諾のある男女
<活動場所>
窪町小学校2階体育館
(稽古場所・時間の変更がある場合があります)
<本クラブの目標と実績>
本クラブは、日本の伝統文化である「剣道」の指導を通じて地域青少年の「心」と「体」を鍛え「子供たちの健全育成」を目指しています。その実績を認められ、文京区と東京都の各剣道連盟のご推挙を頂き、全日本剣道連盟より「少年剣道教育奨励賞」を2008年に表彰されています。

 

指導者紹介

 

当クラブでは、下記の師範が中心となり、総勢10名を超える有段者が懇切丁寧に指導に当たっています。
その中には、自身の子息と同時に剣道に触れ出して現在五段に2名、四段に1名が昇段し指導に当たっています。また、師範以外の全ての指導者(五段〜二段)が保護者でもあります。こんな点が本クラブの特色です。


細川 良一 先生

窪町剣道クラブ 師範
剣道錬士七段
東京外国語大学剣道部 監督
東京都シニア大会準優勝の現役選手
第22回シニア健康スポーツフェスティバルTOKYO 59歳~64歳の部 準優勝(H29.10.26)

出典:東京都剣道連盟ホームページ


内木 幸介 先生
剣道四段
窪町剣道クラブ 会長
文京区剣道連盟 副事務局長
「息子が小学1年から窪町剣道にお世話になりました。私も見学しているうちに先生方から誘われて47歳にして初めて剣道の稽古を始めました。安全に礼儀正しく長く続けられる剣道は素晴らしい武道だと思います。是非、親子で土曜日の稽古を見学しにきて下さい。」

年間スケジュール

1月  稽古始め(鏡開き)
3月  卒業・進級を祝う会
4月  関東小学生剣道錬成大会出場
5月  内部到達度審査会
6月  文京区少年剣道大会出場
8月  夏季合宿練習(一泊二日)
10月 文京区民剣道大会小学生の部出場
12月 東京近県小学生剣道錬成中央大会出場

※竹刀の手入れ方法 – 2017年夏季合宿にて

 

料金システム

・体験無料
・入会金 3000円
・月謝 3000円
・継続費(毎年一回 )2000円

稽古日時間
火曜日 17:00-18:30
土曜日 15:15-17:30

体験練習について

剣道に関心のあるお子さん及び保護者は、問い合せ先にご連絡下さい。ご来場の節は、保護者同伴でお越し下さい。